トロントを満喫!トロントの観光スポット全9か所まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トロントには有名な観光スポットから隠れたスポットがいっぱい。

新しい発見をしてみませんか?

このページでは、トロントの有名な観光スポットをまとめました。





City Hall・Old City Hall/新・旧市庁舎

City Hall

City Hallは、カーブを描いた2つ棟が並ぶ特徴的な建物です。

City Hallの前のネイサン・フィリップス広場では、季節ごとにいろいろなイベントやお祭りが開催されます。

広場には水場があり、冬はスケートリンクとなって、スケートを楽しむことができます。

Old City Hall

City Hallの東側、すぐ隣には、19世紀に建てられた石造りのOld City Hall(旧市庁舎)も残されており、現在は、裁判所として利用されています。

シティーホールへのアクセス方法

最寄り駅Queen StationよりQueen Street沿いを西へ徒歩5分ほどです。

カーブを描く特徴的なビルが2つ並んでいるのが目印です。


St. Lawrence Market/セントローレンスマーケット

Sr. Lawrence Marketは、200年以上も続くトロントの市営市場です。
マーケットの赤レンガ造りの建物は、初代の市庁舎を改築したもので、トロントの歴史も感じることができます。

マーケットでは、野菜や果物、肉、魚介類など、新鮮な物からチーズやオリーブ、ハム、ベーコンなど加工食品までいろいろな種類の食材がそろっています。

また、お土産に最適なメープルシロップやホームメードのマスタードなどを買えるお店もあるので、留学やワーキングホリデーでトロントに住んでいる方たちだけでなく、観光で来た方たちも楽しむことができます。

マーケット内には、新鮮な魚介類を使った料理のお店や各国の料理のお店などもあり、それらを持ち込んで食事するスペースも設けられているので、ランチに友達とみんなで出かけるのも楽しみの一つです。

セントローレンスマーケットでトロントの食を楽しみましょう!

>>セントローレンスマーケットの詳細はこちらから

セントローレンスマーケットへのアクセス方法

King Stationより南東の方向に徒歩約10分ほど。Front Street × Lower Jarvis Streetの交差点にあるレンガ造りの建物がセントローレンスマーケットです。

Toronto Islands/トロントアイランド

ハーバーフロントからフェリーで約15分ほど向かった先にある小さな島トロントアイランドは、ダウンタウンの景色とは全く別な自然豊かな景色が広がっています。

島ではカヌーに乗ったり自転車をレンタルして島を散策ができるほか、各地にバーベキュー用のグリルがあるため、キャンプなどのアウトドアアクティビティを楽しむことも出来きます。

また、動物と触れ合える農家や乗り物がいくつもあるアトラクション広場があり夏は家族連れのカナダ人で多くにぎわいます。

島には昔からの民家があり、現在約600人の住民がいます。

民家の近くには昔の家を改築して出来たレストランがあり、紅茶やワインなどの品揃えが豊富なほか、パティオもあるので休日をゆっくりするには最適な場所です。

トロントアイランドは3つの島がつながってできており、西側の島には飛行機が発着する空港があります。

フェリーは夜遅くまで運行しているため、夜景を見るのにも最適なスポットです。

トロントアイランドへのアクセス方法

フェリー

ハーバーフロントから1日にいくつもフェリーが出港しています。

乗り場・Mainlands Ferry Docks:Harbour Square, Toronto, Ontario(Union駅から徒歩約15分)

運賃(往復代)

・大人$7.0

・シニア$4.50

・学生:14歳ー18歳(学生証必要)$4.50

・子供:2歳−13歳$3.50

・幼児:2歳未満無料

>>フェリーの運行スケジュールの確認はこちらから

Distillery Historic District/ディスティラリー地区

ディスティラリー地区は、1832年に建てられたウイスキーの醸造所を改装した複合施設です。

当時の赤レンガの外見はそのまま使われ、内装だけ改装されているので、レトロな雰囲気とスタイリッシュな雰囲気が入りまじり、カフェでゆっくりするだけでも特別な時間を過ごすことができます。

施設内には、ビール、チョコレートなど、工場と併設されたお店や雑貨、洋服などのセレクトショップが立ち並び、ショッピングを楽しむこともできます。

6月~9月末までは毎週日曜日にマーケットが開催されます。

>>ディスティラリー地区の詳細はこちらから

ディスティラリー地区へのアクセス方法

地下鉄King StationよりKing Street沿いを東に走る504か503のストリートカーに乗り、King Street × Parliament Streetで下車します。

そこから南へ5分ほど歩いたところにディスティラリー地区があります。

Casaloma/カサロマ

カサロマはDupon Station近くにある小さな丘の上にある大豪邸で、20世紀初頭に実業家ペラット卿によって建てられました。ペラット卿はナイアガラの滝の水力発電所の開発によって莫大な富を得えて、カサロマを建てましたが、不況のため税金を払えなくなり、住み始めて10年あまりで豪邸を手放すことになってしまいました。

カサロマの名前はスペイン語で丘の上の邸宅という意味で、それが名前の由来と言われています。

カサロマの作りは3階建てで地下にワインの貯蔵庫があります。貯蔵庫のトンネルは25メートルにもわたり、たどって行くと外に出られる仕組みになっています。部屋の数は100室近くあり、パーティールームや図書室、寝室やバスルームなどを見学できるようになっており、当時の衣装なども展示されています。

建物の外には庭園があり、数多くの種類の花を見ることができます。

カサロマには各国語のパンフレットがあり、日本語版もあります。

>>カサロマの詳細はこちらから

カサロマへのアクセス方法

カサロマへはDupon駅から北へ徒歩20分ほどで行けます。

CNタワー(CN Tower)

CNタワーは高さ553.33メートルのタワーで、トロントで人気の観光スポットです。

週末には、家族連れや観光客などでにぎわいます。

タワーには、345mほどの地点にある大きなガラス張りの『ルックアウト』や床がガラス張りになっている『グラスフロア』があります。

また、447m地点にあり別料金で登れる『スカイポッド』など展望台があり、いろいろな角度からの景色を楽しむことができます。

360度のパノラマを楽しみながらの食事が出来る展望レストラン『360レストラン』もあり、予算がコース60ドル~と少し高めですが、トロントの夜景を見ながらのディナーを楽しむことができます。

>>CNタワーの詳細はこちらから

また、CNタワーは、季節やイベントごとにいろいろなライトアップもされ、いつもとは違うCNタワーを楽しむこともできます。

>>CNタワーのライトアップスケジュール

 CNタワーへのアクセス方法

サブウェイを利用する場合、最寄り駅のSt. Andrew StationかUnion Stationより、徒歩15分ほど。

ストリートカーを利用する場合、King Streetを走る504に乗車して、Peter Street(Blue Jays Way)とKing Streetが交差する場所で下車して南へ徒歩10分ほど。

地上に出れば、どこからでもCNタワーを見ることができますので、その方向へ歩きましょう。

Kensington Market/ケンジントン

もともとはユダヤ系の移民によって築かれた地域ですが、現在は、いろいろな国の人が住んでいます。100年以上の歴史があるといわれています。

オシャレな古着屋や雑貨屋、カフェ・レストラン、ナッツやドライフルーツ、チーズなどの専門店などいろいろなお店が立ち並んでいます。

ケンジントン・マーケットのあらゆるところにストリートアートが描かれており、路面店から流れる音楽と独特な雰囲気を楽しむこともできます。

>>ケンジントン・マーケットの詳細はこちらから

ケンジントンマーケットへのアクセス方法

Nassau Streetを中心に南北はDundas StreetからCollege Street、東西はSpadaina AvenueからBathurst Streetまでのブロック一帯がケンジントンマーケットと呼ばれている地域です。

Spadaina Stationから510のストリートカーで南へ下り、Nassau Streetで降りましょう。アナウンスでNassau Street/Kensington Marketと流れるのでわかりやすいかと思います。

Hockey Hall of Fame/ホッケーの殿堂

Hockey Hall of Fameは、アイスホッケーの歴史を保存し、発展に寄与するために建設されました。

館内には、アイスホッケーの歴史やNFLの展示物、各国代表チームの展示物など様々な物が展示されています。

また、アイスホッケーを体験できる体感型のゲームもあり、子どもから大人まで楽しむことができます。

また、お土産売り場も併設されています。

アイスホッケーの国、カナダ。アイスホッケーに興味がある方は、一度訪れてみてはいかがですか?

>>Hockey Hall of Fameの詳細はこちらから

ホッケーの殿堂への入場料

一般:18ドル

4-13歳:12ドル

65歳以上:14ドル

3歳以下:無料

ホッケーの殿堂へのアクセス方法

最寄り駅は、King Station。King Stationより南へ5分程のYonge Street×Fron Streetの交差点にあります。 入場口は、地下にあるのでエスカレーターで下りましょう。

 

【関連ページ】

格安航空券を簡単比較!Skyscanner(スカイスキャナー)でお得に渡航

航空券徹底比較『スカイスキャナー』【外部サイト】

格安ホテルを探せる!ホテル料金比較サイト「トリバゴ」とは!?

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴ【外部サイト】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

関連ページ


 

SNSでもご購読できます。